Tuesday
May312016

Orai Sensei’s Message June 2016

Shoshinge (continues)

NOUHOTSU ICHINEN KI-AISHIN   FUDAN BONNOU TOKUNEHAN

BONJOU GYAKUHOU SAI-ENYU   NYOSHU SHINYU KAI-ICHIMI

When one thought-moment of joy arises,                                                                       

Nirvana is attained without severing blind passions;                                                         

When ignorant and wise, even grave offenders and slanders of dharma, all alike turn and enter shinjin,                                                                                                    

They are like waters that, on entering the ocean, becomes one in taste with it.

When you truly encounter with the Nembutsu by understanding and realizing its meaning, you are able to receive the joy in mind and taste nirvana although you still have blind passions. And thanks to the great compassion, each and everyone is equally embraced, regardless of wise or ignorant, even slanders of the dharma, just like the ocean intakes all kinds of waters and rivers.

In this human life there are unfortunate prejudices and discriminations. Also there are rich and poor people, wise and ignorant, and so on. However it is good to know everyone is equal in the eyes of compassion of Amida Buddha. Therefore it is important for us to hear and respond to the Vow and Call of the Buddha.

The month of June is the beginning of summer season and may you enjoy good health and peace of mind with the nembutsu. Na-ma-n-da-bu.

能発一念喜愛心 不断煩悩得涅槃 凡聖逆謗斉回入 如衆水入海一味

信心ひとたびおこりなば 煩悩(なやみ)を断たで 涅槃(すくい)あり 水の潮となるがごと 凡夫とひじり一味なり

浄土真宗では、信心正因、称名報恩といいまして、いつでも、どこでも、どんなことがあっても大丈夫という、安心して暮らす事のできる生活が恵まれ、仏の名を称えつつ、強く明るく生きる事を旨とします。しかしながら人間の世界には、強弱、貧富、賢愚、凡聖など違いがありますが、如来の大慈悲の誓願のおかげで、諸水が一味の海水となる如く、平等にお浄土へ迎えられます。それをよく聞き分けてゆきますと、悩みが悩みとならない味わいもあるわけです。それが「悩みを断たで救いあり」という有難い境地になりましょう。私達にかけられた大きな願いを聞くことの大切さ、それを聞くことが即ち信心となります。なんまんだぶつ。合掌。釈往来

シルバー川柳(続き)

ハイタッチ 腕が上がらず 老タッチ/浪花節 なんのダシかと 嫁が聞き/もったいない 気づけば我が家 ゴミ屋敷/オレだって 死ねば弔辞で 褒められる/人生に 迷いはないが 道迷う/ハグされて アメリカかぶれ 板につき

 

Saturday
Apr302016

Orai Sensei’s Message May 2016

Shoshinge (continues)

NYORAI SHOI KOUSHUSSE   

YUISETSU MIDA HONGWANKAI

GOJOKU AKUJI GUNJOUKAI 

OUSHIN NYORAI NYOJITSUGON

Shakyamuni Buddha appeared in this world                                                                       

Solely to teach the ocean-like Primal Vow of Amida;                                                          

We, an ocean of beings in an evil age of five defilements,                                              

Should entrust ourselves to the Buddha’s words of truth.

Shinran Shonin was able to encounter with Amida Buddha through the guidance of Shakyamuni Buddha. Therefore he showed great appreciation to Shakyamuni Buddha as a guiding light to show the way of Nembutsu as the essence of Dharma. Especially as we live in the age of Five Defilements, he strongly recommends every one of us to follow the Buddha’s True words.

Shinran Shonin was given special Buddhist Master’s Honorable Title by Emperor Meiji which reads Ken-Shin-Daishi, Great Master of Seeing Truth. As some of you are aware, you can see the big frame high up in the Hondo which reads Ken-Shin. He looked into the human nature, and especially he saw the truth of his own mind which is defiled in many ways, so that no one can effectively pursue the practices for enlightenment.

This is the big reason that Shinran Shonin recommends us to simply say the Nembutsu constantly which we have no choice. 

Na-ma-n-da-bu, Na-ma-n-da-bu, …… Orai Fujikawa

正信偈(つづき)

如来所以興出世 唯説弥陀本願海 五濁悪時群生海 応信如来如実言

にょらいしょいこうしゅっせ ゆいせつみだほんがんかい ごじょくあくじぐんしょうかい おうしんにょらいにょじつごん

教主世尊は 弥陀仏の 誓い説かんと 生れたもう 濁りの世にし まどうもの おしえのまこと 信ずべし

宗祖親鸞聖人は、釈尊が印度にお生まれになったのは、阿弥陀仏の本願の誓いを説くためであった。だから 悟りの道を歩む事が難しい今の時代に生きている私達に、真実の道としての念仏道を歩むように勧めておられるのです。サリナスの本堂の上方に『見真』という額が懸かっています。これは明治天皇が、親鸞聖人の業績を讃えて、授与された大師号であります。「人間の心の本質をよくみつめた」ことを賞賛されたといわれます。人間は年をとると、賢くなると思われがちですが、それどころか年を取れば取るほど、欲は深くなり、意地が悪くなったりするものです。命終わるまで煩悩に悩まされるのが、人間でありましょう。仏に近ずくどころか遠のいてゆくばかりであります。それこそ念仏の他に歩める道はないようです。

合掌。釈 往来

シルバー川柳(つづき)

遺産分け 位牌受け取る 人はなし/ 脳ぼけに ストップ細胞 ないかしら/ マイナンバー ナンマイダーと 聞き違え/ 年賀状 出さずにいたら 死亡説/ 上向いて 歩こう今では 下見よう/ 老人会 みんな名医に 早や代わり/ 三度目は 聞こえたふりの 半笑い

Thursday
Mar312016

Orai Sensei’s Message April 2016

SHOSHINGE of Shinran Shonin

HONGWAN MYOUGOU SHOU JOU GOU  SHISHIN SHINGYOU GAN NI IN     

JOUTOU GAKUSHOU DAI NEHAN  HISSHI METSUDO GAN JOUJU

The Name embodying the Primal Vow is the act of true settlement,

The Vow of entrusting with sincere mind is the cause of birth;                                   

We realize the equal of enlightenment and supreme nirvana                                        

Through the fulfillment of the Vow of attaining nirvana without fail.

This chapter explains the sacred Name of Namoamidabutsu is the essence of the main vow of Amida Buddha which gives you surely settled mind as it is caused by the sincere mind of the Buddha. And we are able to attain enlightenment and nirvana for sure by the Vow of attaining nirvana. 

May you understand the difference between vow and wish. Wish is a mere wish and in many cases it is like a dream and never accomplished. On the other hand vow is something to be accomplished for sure regardless how long it might take. That is why Buddha’s vow sometimes takes long time of kalpas. 

In April we observe annual Hanamatsuri to commemorate the birth of Gautama Siddhartha.  In Jodo Shinshu tradition, however, the birth of Buddha is on December 8 when Gautama attained enlightenment at the age of 35 years old.  Furthermore we see the coming of Amida Buddha when Shakyamuni closed human life and entered Nirvana on February 15 at the age of 80 years old.  

Shinran Shonin wrote in his poem; 

Amida, who attained Buddhahood in the infinite past,                                                       

Full of compassion for foolish beings of five defilements,                                                    

Took the form of Shakyamuni Buddha and appeared in Gaya, India.

Historically you can say that Gautama, Shakyamuni, Buddha, Nirvana, then Amida, but spiritually speaking, it is Amida who took the form of Gautama, Shakyamuni and so on.  Or you can say Amida is only here for you. Na-ma-n-da-bu.

正信偈つづき

本願名号正定業 至心信楽願為因 成等覚証大涅槃 必至滅度願成就

本願成就の そのみ名を 信ずるこころ ひとつにて ほとけのさとり ひらくこと 願い成りたる しるしなり

阿弥陀如来の本願が完成した結果出来上がりました名号を、そのまま信ずるだけで、全ての人がやがて必ず仏にならせていただけるということが、浄土真宗の要であり、有難い教えであります。これは決して自分の力で仏になるのではありません、すべて阿弥陀仏の回向といって、私達を憐れみ、慈しみ下さって、利益を回し与えて下さるお蔭であります。それを他力とか仏力といいます。

四月は釈尊のご誕生をお祝いする花祭りの月ですが、よく考えてみますと、四月八日はゴータマ・シッダルタの誕生日です。彼が六年の修行の後、仏様, 覚者になったのは実は35才の時で12月8日でした。そして80才で入滅し、涅槃が完成して、いよいよ永遠の仏、阿弥陀如来と成られました。その辺のところを宗祖聖人は和讃のなかに、次のように詠っておられます。

久遠実成アミダ仏 五濁の凡愚をあわれみて

シャカムニ仏としめしてぞ ガヤ城には応現する

つまり阿弥陀如来はその大慈悲心を発揮するためにまずインドにゴータマとして生まれ、さらに釈尊となり、各地で仏法を説き、80才で涅槃に入って、仏道を完成されたと頂いておられます。その阿弥陀仏からの、懸命な呼び声が、やがてわたしの口から念仏となって出てくださるとは、有難い事であります。合掌。釈往来。

シニア川柳

つまずいて 足元見れば なにもなし/ 何処で見る 東京五輪 天か地か/ 鏡見て 懐かしくなる 母の顔/ 元酒豪 今はシラフで 千鳥足/ 円満の 秘訣は会話 しないこと/ 補聴器を はめた途端に 嫁無口

Monday
Feb292016

Orai Sensei’s Message March 2016

SHOSHINGE 

FU HO MU RYO MU HEN KOU    

MU GE MU TAI KOU EN NOU                                            

SHO JO KAN GI CHI E KOU       

FU DAN NAN JI MU SHOU KOU                                     

CHOU NICHI GA-KKOU SHOU JIN SETSU 

I-SSAI GUN JOU MU KOU SHOU

Everywhere he casts light immeasurable, boundless, unhindered, unequaled, light-lord of all brilliance, pure light, joyful light, the light of wisdom, light constant, inconceivable, light beyond speaking, light excelling sun and moon he sends forth, illumining countless worlds; the multitudes of beings all receive the radiance. 

This light has twelve kinds of virtues mentioned above which is incomparable in this world. Looking around in our world we have lights coming from electricity, candle, sun, moon and stars, so that we are able to see many things in space, but still many other things we cannot see due to the items such as distance, obstacle, size, and so on. However this super Light is specially made to illumine multitudes of beings. Also it gives us wisdom and joy in our hearts to carry on this human life. And it is heartwarming to know that each one of us is already within this Light whenever we recite Namoamidabtsu.  In gassho

普放無量無辺光     無碍無対光炎王     清浄歓喜智慧光     不断難思無称光     超日月光照塵刹     一切群生蒙光照

十二の光放ちては あまたの国を照らします

生きといくる ものすべて このみひかりの うちにあり

アミダ如来の光は十二種類の徳をそなえたもので、それは無量(何時までも私どもの迷いを照らす光)、無辺(広く十方の世界を照らしてくださる光)、無碍(外界の山川草木にも、また内なる悪業煩悩にも、さえられない光)、無対(ならぶものなき光)、光炎王(とても明るく三悪道をも照らす光)、清浄(貪ぼりのない心から放たれるきれいな光)、歓喜(怒りを離れた心から放たれる光)、智慧(深い智慧から放たれる光)、不断(夜昼常にたえまなく照り護りたもう光)、難思(人間の思慮を超えた光)、無称(そんな光明はいくら称揚しても称揚しつくせない光)、超日月(太陽と月をはるかに越え勝れた)光であり、一切の衆生がこの光に照らされるお蔭で生かされているのであります。            そしてこの光の働きが名号となっていま私達の口を通して出てくださることは、有難い、尊いことであります。なんまんだぶつ。合掌。釈 往来

シニア川柳(つづき)

大臣って 誰でもできる ような気が/ 経験が ジャマな上司と 足りぬ部下/ エリートに 育て田舎を 見捨てられ/ 孫よこし 孝行してる つもりかも/ 散髪屋 勧めは染めと 育毛と/ 年かさね 出した香典 元とれず/ 日本では 三人出てきて 陳謝する

Sunday
Jan312016

Orai Sensei’s Message February 2016

GOKOU SHIYUI SHISHOUJU JUSEI MYOUSHOU MONJIPPOU  from Shoshinge                                    

In five kalpas of profound thought, Dharmakara embraced this Vow,                                               Then resolved again that his Name be heard throughout the ten quarters.

The key word in this paragraph must be Kalpa, which is the Buddhist way of measuring the length of time. According to Mahaprajna treatise, a Kalpa is the time that a heavenly lady touches down once in three years on the huge rock of 20 km square and her dress shaves the rock off completely. It is a long time beyond our calculation, isn’t it? Such a long time of contemplation needed for the vow to be supreme. And as a result, the sacred Namandabu was perfected, so that it would be said and heard all over the world. It is a spiritual medicine for everyone young and old to live a peaceful and happy life. 

五劫思惟之摂受 重誓名声聞十方  

ながき思惟の時へてぞ この願選び取りませり かさねてさらに誓うらく わが名よひろく 聞こえかし

正月がおわり、はや二月。少しでも聖人の正信偈を味わっておきましょう。

法蔵菩薩様は世にも優れた願いを起こし、長い間の思惟を経て、本願を選び取り、名号が十方に聞こえるよう誓われました。

五劫の思惟という劫(こう)は永い時間を表す仏教用語で、智度論という書物によれば、一辺が20キロメーターの岩があり、三年に一度天女が舞い降りて羽衣でその岩をなで、やがてこの大きな岩が磨り減ってしまうという途方もない時間とありますから、インド人の悠長さがうかがえるようであります。それほど長い間、思考に思考をかさねた本願でありますから、無上であり、殊勝で類のない願であります。だからこそ本当にありがたいとも言えるわけですね。

ところでみなさま、なぜナンマンダブとあなたが称えているのか考えてみたことがありますか?仏様をはじめ多くの先祖の方々の願いの結晶が念仏の声ではないでしょうか。あなたが称えて、同時に仏祖の願いを聞いているとも言えましょう。そこにあなたと阿弥陀様や先祖とが一つになって、ありがとう、ありがとうと交感できる明るい人生があるのです。合掌。釈往来

シニア川柳(つづき)                             かんたんに 幸せになる 妻が好き/ 日本の カレーが好きな インド人/ 駅弁は 家で食べると うまくない/ バレてたか ハハハとお釣り 妻の手に/ 買う前に 五郎丸して 宝くじ/ 着せ替えの 人形なのか アナウンサー