Saturday
Mar312012

Orai Sensei's Message for April 2012 White Path

Last Sunday (March 11) we commemorated Spring Higan (equinox day) and Monthly Memorial Service. Furthermore we paid tribute to the 20,000 and strong victims of the Tohoku Earthquake and Tsunami on 3.11 last year. If you count the people who have been evacuated and living at the temporary facilities, they say more than half a million of people were affected. And the radiation crisis is far from over and they say it may take twenty and thirty years.

Twenty-five minutes before the service I got a call from TV crew for interview on the Earthquake and the cameraman and reporter rushed to our temple taping our service. Although it was a short notice, I was glad to watch some of the temple members on the evening news. Have you seen the news on Sunday evening?

They gave me a five minutes interview, but I appeared for only a few seconds in the evening news reciting a Japanese poem created by a friend in Vancouver, B.C. The poem goes;

Bouzen to Tachitsukuserishi Hitono Seni Umi Odayakani Hiwa mata Nobori

My translation; Against a back of a man of heartbreak standing on the shore, the ocean is now calm and the sun rises again.

Losing his family and friends as well as his house and boat, this man is heartbroken and standing on the shore. Yet the ocean has now been calm as if nothing happened a few days ago and the bright sun rises again.

Although it was incredibly huge disaster, we all have learned the truth of impermanence of life and its preciousness as well as the importance of human relationships and friendships.

In gassho, Namoamidabutsu,

Orai Fujikawa 

四月 白道 メッセージ

去る3月11日、朝早くからお寺で彼岸会の準備をしておりました。夏時間に変わる日でもあり、時間どうりに法要が始められるかと心配していました。9時半すぎになってテレビジョンの会社から電話があり、「今日は何か3.11大震災のスペシャル行事があるのか?」と尋ねてきました。祥月法要を兼ねて震災の犠牲者を追悼することを告げると、カメラマンとリポーターがすぐにやって来て、お寺参りに来る人にインタビューをはじめました。またお彼岸の法要、祥月の模様もヴィデオに収めて、夜のTVニュースに流してくれました。お寺の紹介にもなり、かなりの信徒の方々の顔がテレビニュースに映し出されていましたが、ご覧になりましたか?

大災害の一周年ということで、日本はもちろん、世界中で現状報告がされていました。死者、行方不明、原子炉溶解による避難、疎開など合計50万人以上が災難に会い、また放射線の被害は20年、30年先にならないと分からないと言われています。私は一年前カナダでこのニュウスを見たとき、祖国日本が崩壊するのではないかと、涙したものです。

その後、この災害で精神的に落ちこぼれた人、又逆に乗り越える人のレポートなどもありますが、バンクーバーの友人が創作した短歌をここに紹介いたしましょう。

呆然と立ち尽くせりし 人の背に 海穏やかに 陽はまた昇り

家族や友人を、また家も船も失い、ただ呆然と海に向かって立っている人。海は何もなかったように静かになり、太陽もまた昇っているという情景を上手に歌い上げています。

これからも私たちはこの災害を教訓にして、引き続きできるだけの援助、さらにまた人類のために英知を結集したいものです。

合掌。なむあみだぶつ。釈 往来

Page 1 ... 14 15 16 17 18