Friday
Jan312014

Orai Sensei’s Message for February 2014 White Path

First of all, using the space of the White Path, my wife and I wish to express our sincere appreciation to the Buddhist Temple of Salinas, BWA, and Dharma School for the generous and thoughtful gifts at the time of the New Year’s Day Party on January 12. 

I am writing this article on January 17, exactly the same day we arrived two years ago from Vancouver, Canada. I remember being very busy for a few months adjusting to the new situation; new country, new environment, setting up bank account, applying for SSN, applying for Driver’s License, finding doctors, finding stores, and so on. Even two years later, it is sometimes difficult to adjust to the weather: Today it is 80F in the middle of winter! What’s going on in California? At any rate we truly appreciate your understanding and support for the last two years. We only hope that we can contribute and share our experiences for the harmony and unity of this Buddhist Community.

In the month of February, we commemorate Nirvana Day, the passing of Shakyamuni Buddha, at the age of 80 years. As you know, he attained enlightenment at the age of 35 and he had been a living Buddha for 45 years before closing his human life.

I think it is important to know that even a Buddha had to go through many challenges including illness, old age, and human relations like ourselves. There are many things we can learn from his messages as an enlightened human being, not as a super human.

Let us continue to gather around the Dharma, so that we can overcome the challenges in the course of human life.           

In Gassho, Orai Fujikawa

2014年2月法話

このところ異常に温暖な日和が続いていますが、皆さまにはお元気の事とお喜び申し上げます。温暖なせいか、境内の梅の花が満開で、紅白を競っています。「梅一輪 一輪ほどの暖かさ」は日本でないとしっくりしませんが。

まづ、この紙面を借りて、新年親睦会の節は、仏教会、婦人会、日校よりは私たちに心のこもった贈り物を有難うございました。この原稿を書きながら丁度丸二年前のことを思いだしています。1月17日カナダのバンクーバーより着任して、最初の2,3ヶ月はこの新しい土地に慣れるべく忙しく走り回った事を思い起こします。運転免許から、ドクター探し、ソーシャルセキュリテーの登録など今になっては笑い話のようです。公私にわたりおおくの皆さまのおかげで、何とか二年が経過しました。健康が続けばもう少し頑張ってみるつもりでおりますので、よろしくお願いします。

さて二月は涅槃会といって、釈尊の入寂を記念する法要です。35才で悟りを開かれて、仏陀(覚者)となり80才で亡くなられるまで45年間、人間仏陀として生きられました。出家とはいえ私たちと同じ人間として生きられたわけで、病気になったり、老化現象もあったでしょう。さらに最後は食中毒の状態で苦しまれました。しかし釈尊は人生に於ける色々な障害を乗り越えつつ弟子たちとともに生きられたところに、私たちにとって身近に感じられる点があると思います。

私たちは、常に仏法を中心として集い、話し合い、この人生を全うする事が大切であろうと考えます。 合掌。 釈 往来

続シニア川柳

試乗会 あったら怖い 霊柩車/縁結び ほとけないのも また困り/ 抗がん剤 やめて8年 米寿です/ 実家には 菓子折り一つで 二泊する/ 死すること この年齢で 他人事/ 逝くときは 妻より先も 後もいや


Tuesday
Dec312013

Orai Sensei’s Message for January 2014 White Path

Saturday
Nov302013

Orai Sensei's Message for December 2013 White Path

Welcoming the final month of the year 2013, may this article find you all in good health and spirits under the constant guidance of Amida Buddha.

Although we have been enjoying wonderful support from many members and just started to renew my work-visa, I hope you understand my age and limits and you never know what’s happening to me tomorrow. And I recommend the Board to consider in searching for replacement soon, as it takes a few years to get a new minister.

All we have been trying is to do what we can each and every day for the best of this temple. Fortunately 21st Century Buddhist Meditation that I started last December will soon be the first anniversary. I was able to continue most of Saturday mornings except a few times when I was away.  Now we got about half dozen regular attendants to enjoy meditation and chanting. And we get beginners occasionally. I counted more than 60 different individuals coming and going.

Main thing is to sit quietly for 15-20 minutes to discover what you are or who you are. Without knowing yourself truly, what can you do for the family and community? You may think you are doing alright, but what is really alright? Who knows what’s happening tomorrow? It is important to find the peace of mind regardless of time and place. This is called Anjin or Shinjin in Jodo Shinshu that Shinran Shonin discovered in the nembutsu 750 years ago. I firmly believe it is universal teaching for all the people on this earth.

In gassho, Na-man-da-bu, Orai Fujikawa

2013年12月号法話

「泣いても笑っても」と言いますが、もう本年の終わりの月を迎えました。何かとお忙しいことでしょうが、元気に年末を迎えることができますことを素直に喜びましょう。

私たちがサリナスへ迎えていただいてもう二年近くになります。年老いた二人ですが、皆様に助けられて一日、一日を過ごしています。この度仕事のヴィザを伸ばすように手続きを始めましたが、正直なところ、いつどんなことが起こるかもしれないわけで、理事会もボツボツ次期開教使を探し始めたほうがよろしいでしょう。

去年12月に始めました土曜日朝の静座クラスがなんとか一周年を迎えます。毎週六人程度の常連が来てくれるようになりました。一年を通じて殆ど休みなく続けることができました。合計60名以上の人が参加してくれましたことは嬉しい限りです。

15分から20分、静かに座り、お経を読み、質疑応答、雑談などで一時間を過ごします。要するに自分自身の発見、自分は何者なのか?を見つけることが目的と言えます。誰でも「自分は大丈夫、なんとかやっている」と思っていますが、本当にそうでしょうか? 時と所を越えて本当の安心を求めて、ついに念仏のなかに信心を見つけられたのが親鸞聖人でした。人間誰でもも安心を探しているようですね。

なんまんだぶつ、釈往来

********************

シルバー川柳(続き)

店員は どの服試着 してもほめ/長電話 そばで聞いてりゃ くり返し/年かなあ ニワトリよりも 早く起き/閑静なと 言われ 案内された墓地/マッサージ 何よりつらい 屁の我慢

Thursday
Oct312013

Orai Sensei’s Message November 2013 White Path

Welcoming the month of November which will end the fall season, may this message find you in good health and spirits in the compassionate light of the Buddha.

Last time when I visited my home town on the occasion of my parents’ memorial service, I met one of my second cousins who is also Jodo Shinshu minister in Hiroshima. He gave me a book of “Daily Messages” that he created and published for his members. I placed that in my bedroom, so that I can cherish and meditate on those.

JINSEI wa ITSUMO IMA ga HANA is the message that I like and wish to introduce. JINSEI is human life. ITSUMO is always. IMA is NOW and HERE.  HANA is flower. My translation is ‘The prime time of life is always now and here’. This is a great message for each and everyone who wishes to live this human life doing best each moment which is very precious and never repeats again.

In our daily life we often find ourselves complaining and grumbling over the weather, health, politics, economics, baseball or football games, meals and so on, as things don’t go as we wish.  For many centuries Buddha simply teaches that we are what we have thought, said, and done.

Although I know it is very difficult, I wish I could live in accordance with this great message each and every day.

In Gassho, Namo Amida Buddha, Orai Fujikawa

2013年11月号法話

秋の終わりを告げる11月を迎え、朝晩がとても冷える季節になりましたが、法友のみなさまお変わりなく、如来の大悲に抱かれて、安らかに日日をお過ごしのことと拝察いたします。

この夏、父母の法事で久しぶりに広島の田舎へ帰りましたとき、私の寺の分家で同じ浄土真宗の僧侶より、自分で発行した「日日のことば」の印刷物をいただきました。若いころいっしょに遊んだ思い出もあり、それを寝室に掛けて、時々味わっています。

その中で私の心を打った言葉を紹介します。「人生いつも今が花」。なんと仏法の真理の的を得たことばでありましょうか。日ごろ私たちは、やれ天気がどうじゃ、政治が、経済が、環境がいい、わるい、野球、フットボール、ゴルフであれが勝った負けた、食べ物がおいしい、まずいなどぶつぶつ言っています。でもよく考えると、今日の一日は二度とない人生ですね。今日この日が一番大切な一日である、将来ではなく、美しい花を咲かそうという気持ちで生きられたらどんなにありがたいことでしょう。これこそ生きがいのある人生となりましょう。

なかなか、「人生いつも今が花」とはゆきませんが、それに近い日日を送りたいものですね。そこに念仏に生かされる生活が恵まれると思います。

合掌 なんまんだぶ 釈往来

続シルバー川柳

物忘れ するほど物を 覚えてぬ/ クラス会 残る毛 残る歯 比べ合い/ 「会いたいね」現実になり 気が重い/ 年齢に まず目が走る 死亡欄/ シャンプーと リンスの文字を 太くして/ ばあさんが 金を引き出す 孫が来る

Monday
Sep302013

Orai Sensei’s Message for October 2013 White Path

May this message find you in good health and spirits in the Compassionate Light of Amida Buddha in this harvest season of October.

“To learn Buddha Dharma is to learn yourself” is a famous phrase stated by Zen Master Dogen. I understand Gautama Siddhartha discovered himself when he was awakened at the age of 35 years old after six years of seeking. Shinran Shonin also discovered something true and real when he was encountered with Amida Buddha through the guidance of his master Honen Shonin.

Shinran Shonin says that you simply recite the Nembutsu and attain Birth in the Pure Land which is the essential teaching of Jodo Shinshu.

When you recite Na-Man-Da-Bu, Na-Man-Da-Bu, your true and real mind is activated deep inside. Although YOU are saying and hearing Na-Man-Da-Bu, it is coming from Amida Buddha as his calling on you.  It is also coming from your ancestors including your father, mother, grandparents, and all the loved ones who are among the innumerable Buddhas. They are all wishing you best, wishing you live in good health and spirits each and every day. This is the reason why you feel good, peace, comfort, and strength whenever you recite Na-Man-Da-Bu, which sounds, “Don’t worry, everything is going to be alright,” or “Come as you are,” or “I welcome you home.”

May you continue to recite Na-Man-Da-Bu and be happy and peaceful each and every day.

In Gassho, Na-man-da-bu, Orai Fujikawa

2013年10月号法話

先日の秋季彼岸会のご縁に人間の本性について話しました。お寺参りが出来なかった人のためにこの寺報を借りて、一部を述べてみましょう。

人間の本性があらわれる時が三つあると言われます。本性とは、人によって多少の違いはありますが、欲、怒り、愚痴の煩悩により形成されるものです。それらが何かの縁によって現れるわけですね

第一は腹の立ったとき。第二は誰も見ていない時。第三は大問題に出会った時。

誰でも普通には、平穏な、優しそうな顔をしていますが、腹を立てると何を考え、何を言い、何をやるかわかりません。大声で叫ぶ人、酒を飲む人、いつもの良識を失い、人が変わることもあります。夫婦でもつまらぬことで、口論になり、当分沈黙が続くこともあります。

第二に、誰も見ていないとき。誰も見ていないと、ついついしてはならないこともやりかねないのが私たち人間です。立派な方は、誰も見ていないからこそ一生懸命に仕事をします。人間国宝などみんな一人で黙々と努力しています。念仏をする人は、如来様、先祖様がいつも一緒ですね。

道徳や法律、また世間から笑われる、新聞沙汰になるかもしれないと考えて、聖人君主のような振り舞をしていますが、誰も見ていない一人のときは本性が出るものです。

第三は大問題に出会ったとき。地震、雷、火事、或いはガンで後三ヶ月のいのちと言われた時。それぞれの人の反応は違います。

私たちは幸いご縁があってお念仏の教えを聞いております。

いつ何処でどんなことがあるか分からない、この人生にあって、いつ、何処で、どんなことがあっても大丈夫だと、呼んで下さっている親心のナモアミダブツであります。合掌して静かに、ナモアミダブツと称える時、自分で称えているわけですが、実は今は亡き父が、母が私の口を通して出てきてくださるのでありましょう。いつでもどこでも、私のことを心配していてくださる、その呼び声が届いてくる働きがナモアミダブツであります。

足利義山という名僧の娘さんで京都女子高校の創始者、甲斐和里子女史は次のような歌を読んでおられます。

われ唱え われ聞くなれど なんまんだ つれてゆくぞの 親の呼び声

みほとけを 呼ぶわが声は みほとけの われを呼びます み声なりけり

腹が立つとき、念仏しましょう。誰も見ていない時、一人で念仏しましょう。いつも親がそばにいて下さいます。大問題に出会った時念仏しましょう。大丈夫という大きな声が聞こえるはずです。合掌。釈往来

続シルバー川柳

敬老会 招待されたと 怒ってる/ やせたかな? ゴムが伸びてる だけですよ/ この中の どれが効いたか いま元気/ ゴミの日と 医者へ行く日の カレンダー/ 還暦は 若かったなあと 思う古希