« Temple President's Message for August 2019 | Main | Temple President's Message for June 2019 »
Sunday
Jun302019

Temple President's Message for July 2019

Dear Members,

We hear the term “causes and effects” frequently in Buddhism.

There must have been a few causes and conditions that resulted in me being “here”. So, what were the odds?

Well, apparently, someone did the math.  Dr. Ali Binazir figured out the probability of any one of us existing at all comes out to 1 in 10 2,685,000— yes, that's a 1 followed by 2,685,000 zeroes!

Dr. Binazir posted in his blog: 

Imagine there was one life preserver thrown somewhere in some ocean and there is exactly one turtle in all of these oceans, swimming underwater somewhere. The probability that you came about and exist today is the same as that turtle sticking its head out of the water — in the middle of that life preserver. On one try.

Binazir concludes that the odds of you being alive are basically zero.

Now I know why I haven’t won the lotto; I am lucky to be here but so is everyone else!

Gassho,

Mark Amiya


TEMPLE PRESIDENT’S MESSAGE FOR JULY 2019 IN JAPANESE 

仏教では「因果」という言葉をよく耳にします。

私が今「ここ」にいる事は色々な因果があってここに存在しているわけです。その確率はなにでしょうか?

それを計算した人がいます。アリ・ビナジール博士の計算では、私たち一人ずつが存在している確率が一人に10 2,685,000— つまり、10の2,685,000乗,1の後にゼロが2,685,000ついた数字です。想像出来ない様な大きな数です。 

Binazir博士のブログによると: 

もし何処かの海に一つの浮き輪が投げられたとして、世界中の海にたった一匹の亀がいて、その亀が水中で泳いでいると想像して下さい。あなたが今存在している確率はその亀さんが水から頭を出して、その浮き輪の穴から一回の試しで頭を突き出す確率と同じです。

Binazir博士は、あなたが今生きている可能性は基本的にはゼロである事を結論としています。

私はなぜ宝くじに当たらない事がよく理解出来ます。私が今存在している事は凄く運が良かったわけです。皆さんもそうです。

合掌、

マーク アミヤ