« Temple President's Message for October 2018 | Main | Temple President's Message for August 2018 »
Friday
Aug312018

Temple President's Message for September 2018

Cranky Old Man 

What do you see nurses?...                What do you see?

What are you thinking? …                 when you're looking at me?

A cranky old man, …                         not very wise,

Uncertain of habit…                           with faraway eyes?

Who dribbles his food, …                 and makes no reply.

When you say in a loud voice, …      'I do wish you'd try!'

Who seems not to notice …               the things that you do.

And forever is losing …                     A sock or shoe?

Who, resisting or not …                     lets you do as you will,

With bathing and feeding …              The long day to fill?

Is that what you're thinking? …         Is that what you see?

Then open your eyes, nurse, …          you're not looking at me. 

I'll tell you who I am, …                    As I sit here so still,

As I do at your bidding, …                as I eat at your will.

I'm a small child of Ten, …                with a father and mother,

Brothers and sisters, …                      who love one another

A young boy of Sixteen …                with wings on his feet

Dreaming that soon now …                a lover he'll meet.

A groom soon at Twenty …               my heart gives a leap.

Remembering, the vows …                that I promised to keep.

At Twenty-Five, now …                    I have young of my own.

Who need me to guide …                   And a secure happy home.

A man of Thirty, …                            My young now grown fast.

Bound to each other …                       With ties that should last.

At Forty, my young sons …               have grown and are gone,

But my woman is beside me, …         to see I don't mourn.

At Fifty, once more, …                      Babies play 'round my knee,

Again, we know children …              My loved one and me.

Dark days are upon me …                  My wife is now dead.

I look at the future ...                        I shudder with dread.

For my young are all rearing …         young of their own.

And I think of the years …                 And the love that I've known.

I'm now an old man …                       and nature is cruel.

It's jest to make old age …                 look like a fool.

The body, it crumbles …                    grace and vigor, depart.

There is now a stone …                      where I once had a heart.

But inside this old carcass …             A young man still dwells,

And now and again …                        my battered heart swells

I remember the joys …                       I remember the pain.

And I'm loving and living …              life over again.

I think of the years, all too few …      gone too fast.

And accept the stark fact …              that nothing can last.

So, open your eyes, people …            open and see.

Not a cranky old man.

Look closer … see …                         ME!!

 

I thought this poem maybe appropriate with Keirokai approaching. It is said to have been found in the meager possessions of an elderly man who passed away in a care home in a country town in Australia.

Gassho,

Mark Amiya

 

TEMPLE PRESIDENT’S MESSAGE FOR SEPTEMBER 2018 IN JAPANESE

 

気難しい老人

看護師は何を見ますか?・・・あなたは何を見ますか?

あなたが私を見ている時、あなたは何を考えていますか?

気味の悪い老人、、、、、、、非常に賢明ではない、

習慣の不確かさ、、、、、、、遠くの目で?

誰が彼の食べ物をたらす、、、、返事をしません。

あなたが大きな声で言うとき、、、あなたが試してたい事を願います。

誰にも気付かないようです、、、あなたがすること。

そしていつも何かを無くしている、、、、、靴下か靴?

誰が、抵抗するかしないか、、、、あなたするようにすることができます。

入浴と授乳で、、、、長い一日を埋める?

それはあなたが思っていることですか?、、、それはあなたが見るものですか?

看護婦、あなたの目を開いて、、、あなたは私を見ていない。

私は私が誰であるかあなたに教えてあげる、、私はまだここに座っているので。

私があなたの命令でやっているように、、、私はあなたの意志で食べる。

私は10歳の小さな子です、、父と母と共に、

兄弟姉妹、、、互いに愛する人。

16歳の若い少年、、、、彼の足に翼がある。

すぐに夢見ている、、、、彼が会う恋人。

20歳にはすぐ​​に新郎になります、、、私の心は飛躍をもたらす。

思い出して、私が守ることを約束した誓い。

今、25歳で、、、私は自分自身の若い人がいる。

誰が私を案内する必要がある、、、、そして安全な幸せな家。

30歳の男、、、、私の若者は今急速に成長した。

お互いに結ばれている、、、、結びつくべき結びつき。

40歳で、私の若い息子は成長し、旅立った。

しかし、私の女性は私のそばにいる、、、私は悲しんではいないと思う。

50歳もう一度、、、赤ちゃんは私の膝の周りで遊ぶ。(Continued on page 6.)

再び、私たちは子供を知っています、、、私の愛する人と私。

暗い日が私の上にある、、、私の妻は今死んでいる。

私は未来を見ている、、、、私は恐怖で震えます。

私の若者はすべて育っている、、、彼ら自身は若い

そして私はその年を考える、、、そして私が知っている愛。

私は今、老人です、、、そして自然は残酷です。

それは老後の冗談です、、、愚か者のように見える。

体は、それは崩壊、、、親切と活力、出発。

今、石があります、、、私がかつて心臓を持っていた場所に。

しかし、この古い死体の中に、、若い男はまだ住んでいる、

そして、今もう一度、、、、私の爆発した心が腫れる

私は喜びを覚えています、、、、私は痛みを覚えています。

そして、私は愛して生きています、、、人生をもう一度。

私は数年は少なすぎると思います、、、、あまりにも速く消えた。

そして確かな事実を受け入れる、、、何も続くことはできません。

だからあなたの目を開いて、、、、開いて見てください。

気難しい老人じゃない。

もっと見る、、、、見る、、、、私を!!

 

この詩は、私が敬老会にふさわしいと思った詩です。オーストラリアの田舎の老人ホームで亡くなった痩せている老人の所有物として発見されたと言われています。

 

合掌

マーク・アミヤ