« Temple President's Message for June 2018 | Main | Temple President's Message for April 2018 »
Tuesday
May012018

Temple President's Message for May 2018

 

Hello everyone,    
   
I looked at the calendar and realized it was White Path deadline! I was still working, and still needed to pick Jay then drop him off at a basketball practice…So rather than have no message, I took the following page off my office wall, enjoy!    
   
The Wooden Bowl   
   
A frail old man went to live with his son, daughter-in-law, and four-year-old grandson. The old man’s hands trembled, his eyesight was blurred, and his step faltered. The family ate together at the table.   
   
But the elderly grandfather’s shaky hands and failing sight made eating difficult. Peas rolled off his spoon onto the floor. When he grasped the glass, milk spilled on the tablecloth.   
   
The son and daughter-in-law became irritated with the mess. “We must do something about father,” said the son. “I’ve had enough of his spilled milk, noisy eating, and food on the floor.”  So, the husband and wife set a small table in the corner. There, Grandfather ate alone while the rest of the family enjoyed dinner. Since Grandfather had broken a dish or two, his food was served in a wooden bowl!  When the family glanced in Grandfather’s direction, sometimes he had a tear in his eye as he sat alone. Still, the only words the couple had for him were sharp admonitions when he dropped a fork or spilled food.   
   
The four-year-old watched it all in silence.    
   
One evening before supper, the father noticed his son playing with wood scraps on the floor. He asked the child sweetly, “What are you making?”  Just as sweetly, the boy responded, “Oh, I am making a little bowl for you and Mama to eat your food in when I grow up.” The four-year-old smiled and went back to work.   
   
The words so struck the parents so that they were speechless. Then tears started to stream down their cheeks. Though no word was spoken, both knew what must be done.   
   
That evening the husband took Grandfather’s hand and gently led him back to the family table. For the remainder of his day, he ate every meal with the family. And for some reason, neither husband nor wife seemed to care any longer when a fork was dropped, milk spilled, or the tablecloth soiled.   
   
In Gassho,
Mark Amiya

 

私はカレンダーを見てホワイトパスの締め切りに気づきました。私はまだ働いて、まだ息子のジェイを学校などに送り迎えしています。メッセージがないのは良くないので、会社のオフィスにあったメッセージをここに載せました。楽しんでください。

木製の丼

虚弱な老人は、息子、嫁、4歳の孫と一緒に暮らしていました。その 老人の手は震え、彼の視力はぼやけて、彼の歩行はうまくいきませんでした。 家族は一緒に食事をしました。 しかし、祖父の震える手と見えにくくなった視力では食事することが困難になりました。 祖父はスプーンを床に落としたり。彼がコップを取ろうとするとき、テーブルクロスにミルクがこぼれました。

息子と嫁は汚したことに怒りました。 "父親について何かしなければならない"と息子は言いいました。 「十分にこぼした牛乳、騒がしい食事、食べ物を床にこぼす光景を見た。」そこで、夫と妻は小さなテーブルを部屋の端に置きました。そこでは、祖父は一人で食事をし、残りの家族は夕食を楽しみました。

祖父が1皿か2皿の食器を壊してしまったからは、彼の食べ物は木製の丼に入れられるようになりました!家族が祖父の方向をちらっと見たとき、彼は一人で座って、時々彼は目に涙を浮かべていました。それでも、2人が祖父に言っていた唯一の言葉は、フォークを落としたり食べ物をこぼしたりしたときの鋭い警告・注意だけでした。

4歳の孫はそれをすべて静かに見ていました。

夕食前のある晩、父親は彼の息子が床で木片で遊んでいることに気づきました。彼は子供に優しく尋ねました。「あなたは何を作っていますか?」少年は答えました。「ああ、私はあなたのために小さな丼を作っていて、私が育った時にあなたの食べ物を入れてあげるんです。」と言って、微笑んで仕事に戻りました。

両親はその言葉に打たれ、言葉が出ないような気持になりました。その後、涙が頬を流れ始めました。両親は言葉を交わしませんでしたが、2人とも何をすべきか分かっていました。

その晩、夫は祖父の手を取って、やさしく祖父を家族のテーブルの元へ戻しました。祖父の残りの日、祖父は家族と食事を共にしました。何らかの理由で、夫も妻も、祖父がフォークを落としたり、牛乳をこぼしたり、テーブルクロスを汚したりしても、もはや気にしていないようでした。

合掌   Mark Amiya