Friday
Aug312018

Temple President's Message for September 2018

Cranky Old Man 

What do you see nurses?...                What do you see?

What are you thinking? …                 when you're looking at me?

A cranky old man, …                         not very wise,

Uncertain of habit…                           with faraway eyes?

Who dribbles his food, …                 and makes no reply.

When you say in a loud voice, …      'I do wish you'd try!'

Who seems not to notice …               the things that you do.

And forever is losing …                     A sock or shoe?

Who, resisting or not …                     lets you do as you will,

With bathing and feeding …              The long day to fill?

Is that what you're thinking? …         Is that what you see?

Then open your eyes, nurse, …          you're not looking at me. 

I'll tell you who I am, …                    As I sit here so still,

As I do at your bidding, …                as I eat at your will.

I'm a small child of Ten, …                with a father and mother,

Brothers and sisters, …                      who love one another

A young boy of Sixteen …                with wings on his feet

Dreaming that soon now …                a lover he'll meet.

A groom soon at Twenty …               my heart gives a leap.

Remembering, the vows …                that I promised to keep.

At Twenty-Five, now …                    I have young of my own.

Who need me to guide …                   And a secure happy home.

A man of Thirty, …                            My young now grown fast.

Bound to each other …                       With ties that should last.

At Forty, my young sons …               have grown and are gone,

But my woman is beside me, …         to see I don't mourn.

At Fifty, once more, …                      Babies play 'round my knee,

Again, we know children …              My loved one and me.

Dark days are upon me …                  My wife is now dead.

I look at the future ...                        I shudder with dread.

For my young are all rearing …         young of their own.

And I think of the years …                 And the love that I've known.

I'm now an old man …                       and nature is cruel.

It's jest to make old age …                 look like a fool.

The body, it crumbles …                    grace and vigor, depart.

There is now a stone …                      where I once had a heart.

But inside this old carcass …             A young man still dwells,

And now and again …                        my battered heart swells

I remember the joys …                       I remember the pain.

And I'm loving and living …              life over again.

I think of the years, all too few …      gone too fast.

And accept the stark fact …              that nothing can last.

So, open your eyes, people …            open and see.

Not a cranky old man.

Look closer … see …                         ME!!

 

I thought this poem maybe appropriate with Keirokai approaching. It is said to have been found in the meager possessions of an elderly man who passed away in a care home in a country town in Australia.

Gassho,

Mark Amiya

 

TEMPLE PRESIDENT’S MESSAGE FOR SEPTEMBER 2018 IN JAPANESE

 

気難しい老人

看護師は何を見ますか?・・・あなたは何を見ますか?

あなたが私を見ている時、あなたは何を考えていますか?

気味の悪い老人、、、、、、、非常に賢明ではない、

習慣の不確かさ、、、、、、、遠くの目で?

誰が彼の食べ物をたらす、、、、返事をしません。

あなたが大きな声で言うとき、、、あなたが試してたい事を願います。

誰にも気付かないようです、、、あなたがすること。

そしていつも何かを無くしている、、、、、靴下か靴?

誰が、抵抗するかしないか、、、、あなたするようにすることができます。

入浴と授乳で、、、、長い一日を埋める?

それはあなたが思っていることですか?、、、それはあなたが見るものですか?

看護婦、あなたの目を開いて、、、あなたは私を見ていない。

私は私が誰であるかあなたに教えてあげる、、私はまだここに座っているので。

私があなたの命令でやっているように、、、私はあなたの意志で食べる。

私は10歳の小さな子です、、父と母と共に、

兄弟姉妹、、、互いに愛する人。

16歳の若い少年、、、、彼の足に翼がある。

すぐに夢見ている、、、、彼が会う恋人。

20歳にはすぐ​​に新郎になります、、、私の心は飛躍をもたらす。

思い出して、私が守ることを約束した誓い。

今、25歳で、、、私は自分自身の若い人がいる。

誰が私を案内する必要がある、、、、そして安全な幸せな家。

30歳の男、、、、私の若者は今急速に成長した。

お互いに結ばれている、、、、結びつくべき結びつき。

40歳で、私の若い息子は成長し、旅立った。

しかし、私の女性は私のそばにいる、、、私は悲しんではいないと思う。

50歳もう一度、、、赤ちゃんは私の膝の周りで遊ぶ。(Continued on page 6.)

再び、私たちは子供を知っています、、、私の愛する人と私。

暗い日が私の上にある、、、私の妻は今死んでいる。

私は未来を見ている、、、、私は恐怖で震えます。

私の若者はすべて育っている、、、彼ら自身は若い

そして私はその年を考える、、、そして私が知っている愛。

私は今、老人です、、、そして自然は残酷です。

それは老後の冗談です、、、愚か者のように見える。

体は、それは崩壊、、、親切と活力、出発。

今、石があります、、、私がかつて心臓を持っていた場所に。

しかし、この古い死体の中に、、若い男はまだ住んでいる、

そして、今もう一度、、、、私の爆発した心が腫れる

私は喜びを覚えています、、、、私は痛みを覚えています。

そして、私は愛して生きています、、、人生をもう一度。

私は数年は少なすぎると思います、、、、あまりにも速く消えた。

そして確かな事実を受け入れる、、、何も続くことはできません。

だからあなたの目を開いて、、、、開いて見てください。

気難しい老人じゃない。

もっと見る、、、、見る、、、、私を!!

 

この詩は、私が敬老会にふさわしいと思った詩です。オーストラリアの田舎の老人ホームで亡くなった痩せている老人の所有物として発見されたと言われています。

 

合掌

マーク・アミヤ

Wednesday
Aug012018

Temple President's Message for August 2018

As I write this message we, the Temple members, are busy with OBON preparation. The lumpia and kuri manju are ready, supplies are piled high everywhere, the stages are going up, the refrigeration truck is ready , dumpster is coming, and Obon Banners are up around town. It is OBON!

By the time you read this message it will be August. Obon will be a memory, the Onaijin is on its way to Japan and we will all be breathing a sigh of relief, ahhhh!

Thank you everyone for all the hard work!  Gokurosama. Let’s take a deep breath…AND RELAX….

OK. NOW, WHAT’S NEXT? 

In Gassho

Mark Amiya

 

TEMPLE PRESIDENT’S MESSAGE FOR AUGUST 2018 IN JAPANESE 

私がこのメッセージを書いている時、私たちサリナス仏教会はお盆祭りの準備で忙しい日々です。ルンピアと栗まんじゅうは準備ができ、水やペーパータオルなどの物資は高く積み上げられ、ステージは準備され、冷蔵トラックも準備され、ゴミ箱はまもなく届き、お盆祭りの広告は街のいたる所にあります。それがお盆です。

あなたがこのメッセージを読んでいる時はもう8月です。お盆は思い出になっているでしょう、お内陣は日本へ送られているでしょう、私たちはホッとして安堵のため息をしているでしょう。

皆さん一生懸命働いてくださりありがとうございます。ご苦労様でした。深呼吸してリラックスしてください。次の行事はなんでしょう?

合掌

アミヤ マーク

Sunday
Jul012018

Temple President's Message for July 2018

Greetings everyone! It’s July, it’s summer vacation, it’s OBON!!!!

As it is every year it will be lots of hard work. If you are able please come and help. If you cannot help but are well enough to come out, please do so and share stories of OBONs past.

As we approach our 100thyear anniversary, I try to imagine what it was like in 1924. The political, social and economic conditions were different, there was discrimination, depression and wars. To say that it was a different world may be an understatement. Yet the Issei and Nisei built this temple and those who followed re-built the Temple and the Social Hall so that we may continue to hear the Buddha Dharma. I am humbled by the beauty of the Naijin and moved by the sound of the Kansho. As I reflect I am also a little embarrassed, when I hear words “I’m busy, I’m tired or no time” come out of my mouth.

All I can say is “Namo Amida Butsu”.

Please Gassho at the Naijin before Obon, after Obon it will be disassembled and shipped to Japan for refurbishing by special artisans. The project will take nearly a year, we hope to have it back by Obon 2019 shining brightly as it did nearly a 100 years ago.

Stay tuned.

In Gassho,

Mark Amiya 

皆さん、こんにちは!7月になりました、サマーバケーション、お盆の季節です。

毎年、多くの仕事があります。もしご可能であれば、お盆フェスティバルのお手伝いお願いいたします。お手伝いが困難でも、ぜひお盆フェスティバルへきて、昔のお盆フェスティバルの話・経験を教えてください。

仏教会100周年記念の事を考えると同時に、1924年はどのような状況だったのかと想像します。政治、社会、経済状況は違っていて、差別、不景気、戦争がありました。今と比べ違う世界の状況というのは少し控えめな表現でしょう。1世と2世の方々がサリナス仏教会を建て、その後に続かれた方々が体育館と仏教会を建て直したことにより、今私たちは仏法を聞くことが出来ています。美しい内陣を見て、喚鐘の音色を聞いた時、謙虚になり感動します。自分で「忙しい、時間がない」と言ったとき、自分を振り返り少し恥ずかしくなります。

私は南無阿弥陀仏とお称えさせていただくことが出来ます。

お盆の前に本堂にきて内陣をみて合掌してください。お盆の後に内陣は一時的に解体され、職人の方々によってきれいにするため日本へ送られます。1年近くかかりますが、2019年のお盆に間に合い輝く内陣を見れることを願っています。

乞うご期待。

合掌

Mark Amiya

Friday
Jun012018

Temple President's Message for June 2018

Members, I hope all is well. This month is BWA’s Food Sale, everyone please come out and help support our ladies. Mother’s Day was just last month and we all know a happy mom has a happy family! I am quite sure a happy BWA is a happy BTS!

June is also Graduation season. Congratulations to all the students, especially to 8thgraders, high school seniors and college grads, you are moving on to the next stage in your education and life. Most of all congratulations to the parents of college grads! No more tuition to pay!

So, what happens when we finish our “Formal Schooling”?

This is what I think…. 

Life is the final exam.

The world is the Lab.

The Temple is our lecture hall.

Sensei is the teacher.

Buddha is the professor.

So, when do we graduate?

…when we are Enlightened?

hmmm…I don’t want to graduate too soon!

It has occurred to me that this space is like a Facebook page or Blog. I get to (must) write something and all of you get to (might) read it! Please don’t unfriend me.  Ha-ha!

Gassho,

Mark Amiya

 

TEMPLE PRESIDENT’S MESSAGE FOR JUNE 2018 IN JAPANESE

皆様が健康であることを願っています。今月は仏教婦人会のフードセールです、是非みなさんで婦人会のみなさんを支えましょう。先月は母の日がありました。幸せな母親がいれば、幸せな家族になります。同じように幸せな婦人会は幸せな仏教会にしてくれます。

6月は卒業の季節です。生徒の皆さんおめでとうございます。特に8年生、高校生のシニアと大学の学生、新しい生活・学びの段階へ移行しました。また、大学生の子どもを持っているご両親、おめでとうございます。授業料を払う必要はもうありません。

正式な学校を終えると何が起こるでしょうか?

これは私の考えです。

人生は最終試験です。

この世は研究室です。

仏教会は教室です。

僧侶は先生です。

仏様は教授です。

私たちはいつ卒業しますか?

私たちが悟りを開いたときですか?

うーん、すぐには卒業したくありません。

私にとってこの記事はフェイスブックや日記のようなものです。私は何かを書かなければいけません。そして、みなさんはたぶん読んでくれるでしょう。

合掌

Mark Amiya

Tuesday
May012018

Temple President's Message for May 2018

 

Hello everyone,    
   
I looked at the calendar and realized it was White Path deadline! I was still working, and still needed to pick Jay then drop him off at a basketball practice…So rather than have no message, I took the following page off my office wall, enjoy!    
   
The Wooden Bowl   
   
A frail old man went to live with his son, daughter-in-law, and four-year-old grandson. The old man’s hands trembled, his eyesight was blurred, and his step faltered. The family ate together at the table.   
   
But the elderly grandfather’s shaky hands and failing sight made eating difficult. Peas rolled off his spoon onto the floor. When he grasped the glass, milk spilled on the tablecloth.   
   
The son and daughter-in-law became irritated with the mess. “We must do something about father,” said the son. “I’ve had enough of his spilled milk, noisy eating, and food on the floor.”  So, the husband and wife set a small table in the corner. There, Grandfather ate alone while the rest of the family enjoyed dinner. Since Grandfather had broken a dish or two, his food was served in a wooden bowl!  When the family glanced in Grandfather’s direction, sometimes he had a tear in his eye as he sat alone. Still, the only words the couple had for him were sharp admonitions when he dropped a fork or spilled food.   
   
The four-year-old watched it all in silence.    
   
One evening before supper, the father noticed his son playing with wood scraps on the floor. He asked the child sweetly, “What are you making?”  Just as sweetly, the boy responded, “Oh, I am making a little bowl for you and Mama to eat your food in when I grow up.” The four-year-old smiled and went back to work.   
   
The words so struck the parents so that they were speechless. Then tears started to stream down their cheeks. Though no word was spoken, both knew what must be done.   
   
That evening the husband took Grandfather’s hand and gently led him back to the family table. For the remainder of his day, he ate every meal with the family. And for some reason, neither husband nor wife seemed to care any longer when a fork was dropped, milk spilled, or the tablecloth soiled.   
   
In Gassho,
Mark Amiya

 

私はカレンダーを見てホワイトパスの締め切りに気づきました。私はまだ働いて、まだ息子のジェイを学校などに送り迎えしています。メッセージがないのは良くないので、会社のオフィスにあったメッセージをここに載せました。楽しんでください。

木製の丼

虚弱な老人は、息子、嫁、4歳の孫と一緒に暮らしていました。その 老人の手は震え、彼の視力はぼやけて、彼の歩行はうまくいきませんでした。 家族は一緒に食事をしました。 しかし、祖父の震える手と見えにくくなった視力では食事することが困難になりました。 祖父はスプーンを床に落としたり。彼がコップを取ろうとするとき、テーブルクロスにミルクがこぼれました。

息子と嫁は汚したことに怒りました。 "父親について何かしなければならない"と息子は言いいました。 「十分にこぼした牛乳、騒がしい食事、食べ物を床にこぼす光景を見た。」そこで、夫と妻は小さなテーブルを部屋の端に置きました。そこでは、祖父は一人で食事をし、残りの家族は夕食を楽しみました。

祖父が1皿か2皿の食器を壊してしまったからは、彼の食べ物は木製の丼に入れられるようになりました!家族が祖父の方向をちらっと見たとき、彼は一人で座って、時々彼は目に涙を浮かべていました。それでも、2人が祖父に言っていた唯一の言葉は、フォークを落としたり食べ物をこぼしたりしたときの鋭い警告・注意だけでした。

4歳の孫はそれをすべて静かに見ていました。

夕食前のある晩、父親は彼の息子が床で木片で遊んでいることに気づきました。彼は子供に優しく尋ねました。「あなたは何を作っていますか?」少年は答えました。「ああ、私はあなたのために小さな丼を作っていて、私が育った時にあなたの食べ物を入れてあげるんです。」と言って、微笑んで仕事に戻りました。

両親はその言葉に打たれ、言葉が出ないような気持になりました。その後、涙が頬を流れ始めました。両親は言葉を交わしませんでしたが、2人とも何をすべきか分かっていました。

その晩、夫は祖父の手を取って、やさしく祖父を家族のテーブルの元へ戻しました。祖父の残りの日、祖父は家族と食事を共にしました。何らかの理由で、夫も妻も、祖父がフォークを落としたり、牛乳をこぼしたり、テーブルクロスを汚したりしても、もはや気にしていないようでした。

合掌   Mark Amiya